オールインワンゲルジェルのメリット&デメリット

オールインワンジェルは最近随分とたくさんのメーカーから発売されています。特に、アンチエイジングを謳ったオールインワンジェルが多いようですが、メリットデメリットがあります。

 

オールインワンゲルジェルのメリット&デメリット

 

オールインワンジェル 詳しくご存知ですか?

オールインワンジェルとは、化粧水、美容液、美白液、保湿クリーム、乳液などがまざったような全部の役割をはたす、これだけあれば、他の化粧品は必要ないというものです。

 

 

アンチエイジングと聞いて気になるのは例えば、ほうれい線や唇上のしわ、シミやそばかす、目元のちりめんしわや目じりのカラスの足跡などですね。

 

それらを1つのジェルでフォローするということなのですが、商品によって随分と使用感が違うようです。購入前にお試しがあればぜひ体験してみる事をお勧めします。

 

オールインワンジェル ベスト3!

 

デメリットは

デメリットとしては、果たしてシミとしわを両方一度にケアすることが可能なのかという事です。現代はエアコンなしでの生活が難しくなってきています。乾燥も気になりますし、シミやしわのもとになる紫外線も気になります。

 

それらに対して1つで済ますこと自体若干の無理があるようです。化粧水、美容液、美白液、保湿クリーム、乳液などを使用して寝た次の日の朝の肌のしっとり感と、オールインワンジェルだけを使用して寝た次の日の朝では随分と違いがあります。

 

高価なジェルであれば、多少はしっとり感も残っていますが、やはりそれぞれに対して専門の化粧品を使用したときにはかなわないと思います。

 

オールインワンジェルのみをしばらく使用した結果多少しわが増えた気もしましたので、保湿という意味でも、夜お風呂上りで時間がある時はやはり、それぞれ専門の化粧品を使用した方がよいと思います。

 

メリットは

メリットは何といっても時短です。朝の忙しい時間帯、洗顔した後放置すると突っ張ってしまったりしますので、洗顔後すぐジェルを1つぬるだけで、OKというのは魅力的ですし、実際助かります。

 

外出の予定もなく家族のお弁当や朝食づくりなどお世話で忙しい日はジェルだけでもよいかもしれません。乾燥が気になるようでしたら、たっぷりと使用するとよいでしょう。

 

 

さらに、一仕事終えて時間があれば、ジェルをぬった上から気になるところだけ手持ちの化粧品を重ね付けするだけでも随分と違うと思います。

 

さらに、旅行などにも大変便利です。旅行先に何種類も化粧品を持って行くのは荷物も増えますし、ケアの時間がもったいないですので、1日2日なら重宝する化粧品です。メリットデメリット両方ありますが、上手に使い分ければ非常に便利で魅力的な化粧品だと思います。

 

オールインワンジェル、人気No.1 フィトリフト